外来診療に加え、精神科デイケアや訪問看護、24時間電話対応や就労支援などを行う多機能型の精神科診療所。この多機能型診療所が地域の精神医療・福祉ネットワークの中核となれば、従来は退院が難しかった患者にも対応でき、依然として進まない「地域移行」の促進につながると期待される。その草分けとして精神疾患患者の地域ケア関係者が注目するのが、東京都墨田区で展開する「錦糸町モデル」。現状と他地域への広がりの可能性を取材した。

「入院」と「外来」の間を埋める多機能型精神科診療所の画像

ログインして全文を読む