東京女子医科大学で発生した2歳児の死亡事故を機に、学内の対立が表面化。この内紛により、事故の真相究明が遠のいたばかりか、遺族側との信頼関係も崩壊した。その陰で、事故の事情を知る若手医師らが病院を去っていた。

ログインして全文を読む