今年6月に東京・池袋で死傷者を出した暴走事故をきっかけに、関心が高まっている危険ドラッグ。水面下での広がりとともに、意識障害や痙攣を起こした使用者が医療機関に救急搬送されるケースが増えている。その実態を探った。

どう診る? 危険ドラッグ乱用者の画像

ログインして全文を読む