急性期の脳卒中治療に有効な血栓融解(tPA)療法。しかし、対応可能な施設がなかったり、マンパワーなどが手薄な地域もあり、実施体制に著しい地域格差が生じている。こうした状況の解消策として注目されているのが、テレビ会議システムを用いて脳卒中診療を行う「Telestroke」だ。日本でいち早くこのシステムを取り入れた施設の取り組みから、効果や課題などを探った。

脳卒中診療の空白地域を救う「Telestroke」の画像

ログインして全文を読む