今年4月、日本人間ドック学会と健康保険連合会は、「新たな健診の基本検査の基準範囲 日本人間ドック学会と健保連による150万人のメガスタディー」を発表した。この報告書の内容を取り上げ、「健康基準を緩和」「『健康』基準広げます」といった見出しが、新聞や週刊誌に大きく踊ったことは記憶に新しい。

「健診基準が変わる」報道で診療現場も混乱の画像

ログインして全文を読む