独居高齢者の孤独死の増加に伴い、死体検案数が増えている。国は、一般臨床医に対して死体検案業務への協力をさらに求める方針を示しており、今後、死体検案の依頼が増えるとみられる。“最後の医療”である死体検案は、予防できる死を防ぐという意義もある。

一般医にも求められる死体検案のスキルの画像

ログインして全文を読む