早期の癌病変に対して行われる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)。粘膜の切開や剥離などの操作を1本の内視鏡の先端にあるナイフで行うため、高い技術が求められる。最近、“助っ人”として内視鏡をもう1本使い、切開粘膜をつまみ上げて剥離しやすくする「ダブルスコープESD」が注目されている。

内視鏡2本でESDをより安全にの画像

ログインして全文を読む