静脈血栓塞栓症の予防ガイドラインができて10年。この間、弾性ストッキングなどを用いた理学的予防法が急速に普及した。一方で、薬物的予防法の選択肢も確実に増えており、両者のバランスを考え予防策を講じる時期に差し掛かっている。

主役は弾性ストッキングから抗凝固薬への画像

ログインして全文を読む