定期接種化から2カ月で接種の勧奨が中止され、1年近くが経過しているヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン。ワクチン接種との因果関係は不明なものの、接種後の広範な疼痛・運動障害の発症頻度は10万回接種当たり数例と少なく、紛れ込み症例の可能性もあるとの意見も示されている。昨年10月には接種により慢性疼痛が生じた場合の受け入れ医療機関が設置された。

HPVワクチン後の「慢性疼痛」をどう捉えるの画像

ログインして全文を読む