今春、救急救命士が行う救急救命処置の範囲が拡大され、心肺機能停止前の傷病者に対する輸液、血糖値の測定とブドウ糖溶液の投与が行えるようになった。傷病者の救命率の向上と、後遺症の軽減が期待される一方で、救急救命士の教育体制の整備が急務。救急専門医ならずとも、当直などで救急医療に携わる医師は、救急救命士の役割拡大について知っておく必要があるだろう。

救急救命士、輸液や血糖測定が可能にの画像

ログインして全文を読む