院内感染の中で最も重要な原因菌の一つである、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)。このMRSA感染症に対する治療ガイドラインが昨年6月に公開され、9月には追補も公開された。外科手術前のMRSA保菌者に対しては、抗MRSA薬の予防投与が推奨されるなど、より“先手”を打つ内容となっている。

MRSA保菌者には“先手”を打つ!の画像

ログインして全文を読む