2014年度診療報酬改定のキーワードの一つが、「在宅復帰」。医療機関の機能分化を図る観点から、急性期から慢性期までの各ステージを担う病棟の入院報酬に、入院患者の在宅復帰を促す要件が盛り込まれた。「患者を自宅に帰す」意識を、病院の担当医も今まで以上に持つ必要がありそうだ。

入院医療に「在宅復帰率」導入、現場への影響は?の画像

ログインして全文を読む