2014年度診療報酬改定は、急性期病棟を持つ一般病院だけでなく診療所にも少なからぬ影響をもたらしている関連記事「在宅引き下げ、主治医報酬の対応迫られる診療所)。主治医報酬や有床診の新点数の算定に動いたり、運営面の工夫により施設在宅医療の減収を補おうとする診療所が表れている。14年度改定を受け様々に奮闘する3ケースを取材した。

在宅引き下げ、主治医報酬に診療所はこう動いたの画像

ログインして全文を読む