4月の診療報酬改定で、胃瘻造設術の点数が4割ダウンとなり、関係者の間に衝撃が広がっている。新たに嚥下機能評価と嚥下機能訓練の加算が設けられたものの、“造設控え”を懸念する声も聞かれる。

胃瘻の“造りっ放し”に歯止めの画像

ログインして全文を読む