医療界が進む方向として、医療情報の電子化はもはや既定路線といえる。だか、そのベースになる電子カルテの普及度は、病院でも30%強、クリニックでは20%前後といわれる。徐々に広がっているとはいえ、まだ少数派だ。

「紙カルテぱらぱら」に負けない電子カルテとはの画像

ログインして全文を読む