厚生労働省は1月29日、中央社会保険医療協議会(中医協)に2014年度診療報酬改定の個別改定項目の骨子を示した。消費増税への対応として初診料や再診料などを引き上げるほか、複数の慢性疾患がある患者を診る主治医としての役割を評価する点数の新設、勤務医の負担を軽減するため時間外や休日、深夜加算の拡充などが盛り込まれた。急性期入院、外来医療の主な項目について解説する。

2014年度診療報酬改定、「主治医機能」を評価の画像

ログインして全文を読む