2009年8月、東京都は救急患者を迅速に医療の管理下に置けるよう、地域の救急医療機関が相互に協力・連携して救急患者を受け入れる取り組みとして「救急医療の東京ルール」の運用を開始した。患者受け入れ体制の整備や、トリアージの実施などが盛り込まれ、運用開始と同時に、地域の救急関係者が一堂に会する会議を行うことが義務づけられた。“ルール”の運用開始から4年、関係者は成功の感触を得ている。

開始から4年、「救急医療の東京ルール」は成功したかの画像

ログインして全文を読む