術後の血糖値が高いと手術部位感染(surgical site infection:SSI)の発生率が高くなることが、以前から心臓手術で報告されていた。高血糖では免疫機能が低下することが、その一因にあると考えられている。最近、消化器外科や整形外科でも術後の高血糖によりSSI発生率が倍増するといったエビデンスが出てきた。術後高血糖は、院内死亡との関連も示されている(図1)。

血糖コントロールは持続インスリン静注での画像

ログインして全文を読む