レム睡眠行動障害(RBD)という疾患をご存じだろうか。睡眠障害の一種で、1986年に初めて提唱された比較的新しい疾患だ。主な症状は、夢の中の行動を実際に取ってしまうというもの。近年、パーキンソン病やレビー小体型認知症などの前駆症状とも考えられるようになっている。

寝ぼけて暴れる高齢者、その原因とは?の画像

ログインして全文を読む