入浴時には、髪はシャンプー、身体は石鹸やボディーソープなどの洗浄剤で洗うのが一般的だ。身体を洗う際には洗浄剤をしっかりと泡立てて洗うことが重要だと指導する医師は多い。そんな中、練馬光が丘病院(東京都練馬区)傷の治療センター科長の夏井睦氏などが発端となり、「入浴時の洗浄剤は必要最低限にすべき」というスキンケアの指導法が2007年ごろから広がり始めている。

お風呂で石鹸、使う?使わない?の画像

ログインして全文を読む