臍部をジグザグに切開するアプローチ法が、腹腔鏡下手術を手がける外科医の間で話題だ。皮切長は最小ながら大きく開創できるため、操作性と整容性が共に向上。腹部のさまざまな手術に応用可能として注目されている。

広がる、臍部の「ジグザグ切開法」の画像

ログインして全文を読む