まだパートナーは決まっていないものの将来の妊娠を望んでいるような健常女性に対し、卵子の凍結保存を実施するケースが出てきている。日本生殖医学会も、2013年11月にガイドラインを策定した。「社会的適用」による卵子凍結保存の現状と、今後の課題を探った。

動き出した未婚女性の卵子凍結保存の画像

ログインして全文を読む