2008年に病理診断科の標榜が認められたことを契機に、病理診断科を掲げた診療所が複数、誕生している。制度上の問題など、今後解決すべき課題は山積しているものの、これまでにない新しい病理医のキャリアパスが開かれつつある。

病理医でも開業できる!?の画像

ログインして全文を読む