2013年10月、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR、もしくは経カテーテル的大動脈弁留置術;TAVI)用生体弁の販売が開始され、TAVRが保険診療として実施可能になった。外科的治療が困難な患者を救う新たな治療法として注目を集めている。

TAVRが変える弁置換術の画像

ログインして全文を読む