10月15日、日本腎臓学会による『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013』(東京医学社)が発行された。2009年版を改訂した2013年版は、現場の医師の使いやすさを意識した作りが大きな特徴だ。ガイドラインは専門医向け、昨年刊行された『CKD診療ガイド2012』は非専門医向けとされているが、今回の2013年版は、CKDについてより深く知りたい非専門医にとっても参照しやすい作りとなっている。

Q&A形式で現場の医師の使いやすさを追求の画像

ログインして全文を読む