これまでにも明らかに重篤な患者の処置は優先するなど、医療従事者によって患者の緊急度は評価されていた。だが、その判断の指標は定められておらず、医療従事者の診断能力や経験に依存していた。また、緊急度が低いと判断された患者への対応が不十分なため、患者の容体が急変した際に処置が遅れるという問題もあった。 院内トリアージを導入することで、こうした課題が大幅に改善されたという報告が増えている。

普及が進む「院内トリアージ」ってどんなもの?の画像

ログインして全文を読む