患者は2型糖尿病、高血圧、脂質異常症で近医通院中の59歳女性。体重減少(2カ月間で3kg減)と倦怠感を認め、当院を紹介受診した。糖尿病治療として前医では、グリベンクラミド(商品名オイグルコン)2.5mgとメトホルミン(メトグルコ)500mgを処方されていた。

GA測定で血糖評価しDPP4阻害薬に変更の画像

ログインして全文を読む