高齢化に伴い、“延命治療”である透析をどのように中断するか、判断に苦慮するケースが増えている。日本透析医学会が見合わせの条件について提言を示したものの、緩和ケア体制の確立など課題は多い。

透析“見合わせ”の判断基準は?の画像

ログインして全文を読む