糖尿病領域で、「GPR40作動薬」という新しい作用機序の治療薬の開発が進んでいる。SU薬やDPP4阻害薬のように、インスリン分泌を促進させる作用を持つ経口血糖降下薬だ。膵β細胞上のGPR40という受容体を直接刺激することで、薬効を発揮する。GPR40作動薬としては現在、武田薬品工業がTAK-875(開発コード)の日米同時開発を進めている。日本では、早ければ年内にもTAK-875の第3相臨床試験が終了する見込みだ。期待される新薬の特性を、いち早く紹介する。

新機序糖尿病薬「GPR40作動薬」って何?の画像

ログインして全文を読む