近年、C型肝炎の治療薬として、高い抗ウイルス効果を持つ経口の直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)が相次いで開発されている。DAAsの登場により、治療の有効性が高まり副作用が軽減されることで、C型肝炎の治療の裾野は大幅に広がりそうだ。

百花繚乱の直接作用型抗HCV薬開発の画像

ログインして全文を読む