昨年末、東京都調布市富士見台小学校で食物アレルギーの既往のある小学5年生の女児が給食後にアナフィラキシーショックを起こして死亡した。この事故を受け、文部科学省や厚生労働省、日本アレルギー学会などが、委員会を設置して再発予防のために動き始めている。

食物アレルギーによる死亡事故はなぜ起きた?の画像

ログインして全文を読む