「先生、ちょっとすみません」。取材の最中、クリニックの職員が分厚いファイルを手に話しかけてきた。在宅で診療している患者の様態が急変し、家族から連絡が入ったようだ。

在宅を「アウエーの医療」から「ホームの医療」への画像

ログインして全文を読む