超音波を使った術中ナビゲーションの活用が、脳神経外科、消化器外科、耳鼻咽喉科、整形外科など様々な分野で広がっている。鏡視下の肝・膵切除においても、3次元位置情報を併用した、新しい超音波術中ナビゲーションが注目されている。その実際を動画を交えて紹介する。

3次元位置情報で“現在地”と“目標”を確認して切除の画像

ログインして全文を読む