被曝がなく非侵襲の印象が強いMRI検査。だが、鎮静下で検査することの多い小児では、呼吸抑制などの重篤な合併症リスクが付きまとう。死亡事故に至る例もあるため、日本小児科学会が安全基準の作成に乗り出した。

MRI検査は「非侵襲」にあらずの画像

ログインして全文を読む