これまで結核の診療体制は、“合併症を持たない青年期の病気”に対応する形で構築・運営されていた。しかし、現在の結核患者は、“高齢で合併症を有する患者”がその大半を占める。様変わりした結核患者の診療では、かかりつけ医の積極的な参画がより求められている。

結核は「地域で診る」時代にの画像

ログインして全文を読む