米国外で医学教育を受けた医師の臨床研修資格を認証する米国のECFMGが、「2023年以降は国際的に認められた認証評価を受けた医学部の卒業生にのみ受験資格を与える」との方針を打ち出した。その対応を迫られた日本の医学教育界は、今後10年間で大きく変わることになりそうだ。

日本の医学教育に“黒船”襲来の画像

ログインして全文を読む