千葉県船橋市内の私鉄駅から歩いて数分。交差点に面した共同住宅の1階で開業する習志野台整形外科内科は、一見ごく普通の診療所に見える。だがここは、院長の宮川一郎氏を中心に、2010年のiPad発売直後からこの端末を診療に取り入れてきた、医療におけるIT(情報技術)活用のトップランナー的クリニック。メディアで取り上げられる機会も多く、医療界から注目を集める存在だ。

iPadを使った説明で患者と“向き合う”の画像

ログインして全文を読む