努力呼吸を必要としない新しい呼吸機能検査「オシレーション法」。2012年度の診療報酬改定で、呼吸抵抗検査としての算定点数が70点から150点に適用されたことを機に、大病院だけでなく、市中のクリニックなどでも機器を導入する動きが広がり始めた。

普及する“苦しくない”呼吸抵抗検査の画像

ログインして全文を読む