従来、肝斑にレーザー照射は禁忌とされていたが、近年、低出力照射の有効性が報告され、「レーザートーニング」の名称で普及しつつある。一方で、レーザー治療による悪化例の報告もあり、肝斑の病態を十分理解した上での施術が求められている。

不適切なレーザー治療で肝斑が増悪の画像

ログインして全文を読む