「日本脳炎ワクチン接種後に死亡例」──。昨年、小児2例が日本脳炎ワクチン接種後に死亡していたことが明らかになり、新聞やテレビで大々的に報じられたことは記憶に新しい。中でも10月17日、10歳男児がワクチン接種から約5分後に心肺停止を起こして約2時間半後に死亡したケースは、その急激な経過が医療関係者にも驚きを持って受け止められた。

男児はなぜ併用禁忌薬を服用していたのかの画像

ログインして全文を読む