へき地医療の課題の一つに、医療機関までのアクセスがある。庄原赤十字病院(広島県庄原市)は、移動診療車を使って広い地域に散在する患者の下に医療者側がアプローチすることで、医療アクセスを改善。車を運転できない高齢者などの受診機会を増やすことに成功した。

気軽にへき地で働いてもらえるようにの画像

ログインして全文を読む