「数十年にわたり地域医療を支えてきた医師が高齢のため引退」「後継医師の確保が急務に」――。こうしたニュースは、今や珍しいものではなくなっている。長年、地域医療に溶け込み、身を粉にしてへき地医療を支えてきた“赤ひげ”医師が第一線を退くことで、地域の医療提供体制が崩れる危機に見舞われている。

“赤ひげ”頼みからの脱却目指せの画像

ログインして全文を読む