在宅酸素療法の普及や時間内歩行試験の保険適用に伴い、パルスオキシメーターを用いた経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)測定を実施する機会が増えている。日常生活における低酸素症のリスクの把握など患者指導にも有用だが、適切な測定法と測定精度の限界を理解した上で活用する必要がある。

SpO2測定の活用場面は広がるも…の画像

ログインして全文を読む