患者への投薬の大半を薬局が担う今、病医院の医師が薬局との連携を工夫し、治療効果を向上させるケースが出てきた。吸入薬の服薬指導、新規抗凝固薬の処方チェック、在宅患者への服薬指導といった場面で成果を上げている。

薬局を使いこなして治療効果アップ!の画像

ログインして全文を読む