「従来からある心房細動の外科手術は、根治的だが高侵襲だった。それを完全胸腔鏡下で行うことで、大幅に低侵襲化し、適応が格段に広がった。実際、薬物治療やカテーテルアブレーションと天秤にかけて、この手術を選ぶ患者も多い」。こう語るのは、都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長の大塚俊哉氏だ。

心房細動に“切らない”手術の画像

ログインして全文を読む