生物学的製剤やステロイドなどによる免疫抑制・化学療法を契機に、B型肝炎ウイルス(HBV)が再活性化したとの報告が増えている。再活性化は既感染者でも起こり、劇症化して死亡するケースもあり要注意だ。

免疫抑制剤でB型肝炎再燃の画像

ログインして全文を読む