今年の夏以降、米国で小児を中心に豚由来の変異型インフルエンザA型ウイルス(A/H3N2v)への感染事例が急増している。11月17日時点の感染者数は、11州で計307人に上り、8月に60歳代の女性が死亡した。

ログインして全文を読む