神戸地裁は11月27日、医療機関の消費税「損税」裁判の判決を下し、保険診療への非課税制度の合理性を認めた。一方で厚生労働相には、診療報酬改定で仕入れ税額分を適正に転嫁する配慮義務があるとした。

ログインして全文を読む