未承認薬・適応外薬は、国の検討会を通じて解決の道筋が見えてきた。しかし、基礎研究と臨床研究の間にある“死の谷”の問題や治験開始時期の遅れなど、医薬品の開発段階での欧米とのラグは依然大きい。国の施策に先駆けて、ラグ克服に挑む研究機関の取り組みを追った。

医薬品開発ラグ解消の実現度の画像

ログインして全文を読む