今年11月、新型の便秘薬ルビプロストンが登場した。慢性便秘症の適応を持つ初の薬剤で、長期間投与が可能で耐性が生じにくいのが特徴だ。酸化マグネシウムが使えない、腎機能が低下した患者にも処方できる。

便秘症に久々の新薬登場の画像

ログインして全文を読む